theRootsWeb

コンセプトを決めろ!

Webサイトには、目的が存在し、テーマがあり、コンセプトがあります。この3つはWebサイト制作のみならず、映画、ゲーム、漫画、商品などで必ずと言って不可欠な要素となります。その中でもコンセプトが重要な要素となります。

ここでは、目的、テーマ、コンセプトの順に説明し、コンセプトの作り方を掘り下げてみたいと思ってます。

目的はなに?

「目指すもの」「望むもの」「企画を実施して得られる結果」がないとその企画はただの妄想となってしまいます。まずは、この企画で実現したいことを探りだしてください。

ヒントは、目的には3つの種類があります。

文章でしか表現できない目的

数値で目標を設定できない場合の目的です。例えばモチベーションアップなど。

数値(数値目標)でのみで表現する目的

目的が数値化でき、目標が設定できる場合の目的です。例えば、前月比120%の売上を目指すなど。

両者を合わせて表現する目的

文書と数値を合わせた目的です。例えば、見栄えを変更して、離脱率を今より5%改善するなど。

この企画が実現しないと行けないゴールを先に設定しておきましょう。また、ねらいなどがあればそれも言葉として残しておきましょう。

いまいち、掴めない人は情報を伝えるフレームワークとして、有名な5W1Hがあります。恐らく誰もが聞いたことのある言葉だと思いますが・・・。この5W1Hの「Why」の部分が目的となります。

では、このコンテンツの目的は?

「Webサイトを作った際のメモ、記録です。」

では、このコンテンツのねらいは?

「同じようにWebサイトを作成したいと思っている人への指南となればいいな」

目的に沿ったテーマはなに?

目的が決まったので次に「テーマ」を決めて行きましょう。ただ単にテーマを適当に決めるのではなく、目的に沿ったテーマを決める必要があります。

そもそもテーマってどんな意味なのでしょうか?

辞書で調べてみると、「テーマ」とは行動や創作、議論の根本的意図、題目、中心課題など基調となる考えと記載されています。企画の主題となります。

いまいち、掴めないので5W1Hで考えた場合、「What」の部分がテーマとなります。

このテーマを決める際、現状分析などを行う場合があります、競業他社(ベンチマーク)を決め調査したり、決めた目的が達成できる手段を考えたりしたりします。

では、このコンテンツのテーマは?

Webサイトができるまでのメモです。

目的とテーマからコンセプトを決めろ!

目的、テーマが決まったのでいよいよコンセプトを決めて行こうと思っていますが、そもそも皆さんが認識しているコンセプトってなんですか?

と、問いかけられて咄嗟に答えられる自身がなかったので辞書で調べてみると、コンセプトとは、概念、観念、創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点。などと記載されています。

うむ、解り憎いので5W1HでいうHowのどうする?の部分になると考えられ、世間一般的にはテーマをどのような切り口にしていくのか?がコンセプトだと言われています。

当サイトでは、コンセプトを次のように定義して考えてみようかと思います。

コンセプトは、テーマ+切り口

では、このコンテンツのコンセプトは?

Webサイトができるまでおさらい、復習です。